トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の投稿

2006年9月25日 (月)

ジェンダー

久しぶりに、どこにも出かけない日曜日だった。

おかげで、本が1冊読める。

女という快楽 Book 女という快楽

著者:上野 千鶴子
販売元:勁草書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上野千鶴子の本だ。

最近、何冊か上野千鶴子の本を読んだけど、

この本を読んでいなかった。

ジェンダーという言葉を意識したのは、ここ数年のことで、まったく遅れていて恥ずかしい。

東京都がジェンダーという言葉を禁止するとか、

フェミニストは、ひな祭りや鯉幟を否定するという

アホな記事が目に付くようになってから、気になりだした。

結婚してからは、田舎に住み、夫と私は家で働く自営業者だったので、

夫は子育ても家事もよくやるほうだし(子育てに関しては任せている)、

性別役割分業というものを最初はあまり意識してなかった。

ただ、地方都市に引っ越してきて、生活が忙しくなり、

夫の仕事も忙しくなり、私も外に働きに出ると、

家事の負担というのが、ずいぶん重いものだとひしひしと感じられた。

とはいっても、私はフルで働いていないし、

夫は家で仕事をしている。

いったいフルで働いて、だんなも帰りが遅いという家庭はどうしているのか、

と、心配になった。(そういう場合は近くに実家があり、毎日のようにジジババのヘルプがある例が多いと知った。)

そうして、ヘルパーという仕事もジェンダーについて考えさせられる。

加齢のために家事ができなくなっても、

生きるためには、食べなくてはいけない、排泄もある。

じっと家にいても、ほこりは確実にたまり、生きているということはゴミを出すことだ。

誰がこれをケアしていく。

今頃、ジェンダーの勉強を始めようとしている。

本の内容は後で触れることにして、今まで読んだ本も記録しておこう。

生き延びるための思想―ジェンダー平等の罠 生き延びるための思想―ジェンダー平等の罠

著者:上野 千鶴子
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

老いる準備―介護することされること Book 老いる準備―介護することされること

著者:上野 千鶴子
販売元:学陽書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ザ・フェミニズム Book ザ・フェミニズム

著者:上野 千鶴子,小倉 千加子
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

読書できん

私は、早起きだ。

希望では午前3時には起きたい。

なのに、この頃4時半ごろになってしまう。

6時には家事スタートだから、

身支度して机に向かえる時間は1時間となる。

これでは短すぎるぞ。

何かのってきたと思ったら、

台所へ行って朝の仕度をしなくてはいけない。

だから、朝の台所にいる私は不機嫌だ。

せっかくの私の時間が打ち切られてしまったから。

そう昔でもないライターをしていた頃は、2時に起きて仕事をしていた。

若かったというより、締め切りがあって「やるしかない」状態だったからなのかな。

締め切りがない、自主的勉強とやらはどうにも進まない。

今朝は4時に起きた。

しかし、球技大会へ出る小学6年の息子のためにお弁当を作らないといけなかった。

「いつもの1.5倍の量を持って来い」

と先生は言ったそうだ。

「おにぎり、いつもは4個だけど何個にするの」

と聞くと、

「7個」

だそうで、その他おかずにりんごを持っていく。

下の子も弁当なのだ。

4時半に作り始めて、全部終わったのが6時。

なぜか私は、弁当ごときに時間がかかる。

6時半出発の息子は、大量のお弁当を抱えて出かけていった。

今の時間、私は仕事だったのだけど、キャンセルになった。

昼に家に戻って昼ご飯の後、つい買ってしまった金木犀を玄関に植える。

それから、夕食用に切干と豚こま、野菜の煮物を作る。

これから、95歳のかわいい女性の家にいってご飯作りをする。

家事が苦手な私がヘルパーなんてやっていていいのだろうか。

でも、今の私には高齢者の人と話すのは癒しなんだ。

とはいっても、体は疲れて、読書も進まず10時には寝る。

なかなか時間を忘れて読書なんかできないよ。

明日は彼岸で、夫の実家にいかないといけない。

さっき義母から「何と何、買ってきて」と指示があった。

私生活でもヘルパーする日も近いのかもしれない。

恐ろしい。

他人だから(仕事だから)優しくできるけど、身内に優しくするのがむずかしい。

それでは、もう一仕事してこよう。

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

自分を取り戻すために

また、ブログをはじめます。

前にも読書日記をつけていたけど、その時間がなくなりやめてしまいました。

もう一度ボツボツ書いていこう。

そう思ったのは、この春からPTAの役員で忙しく、

息子たちのスポ少のために土日がつぶれ、

それなりに充実はしているけれど、

「アブナイ、アブナイ」

と思ったのでした。

仕事と家庭のことで精一杯で、

考える機能が衰えているような気がしてきた。

子どもの頑張りを自分の頑張りとすりかえてはいないか。

子どもは子ども、親は親。

もとの私に戻ろう。

とはいっても、

これから朝練習のある息子をたたきおこして、

飯を食べさせないといけない。

| | コメント (0)

トップページ | 2006年10月 »