« それは個人の問題なのか | トップページ | 憲法9条はもうかる »

2006年10月13日 (金)

バックラッシュ

ここのマイリストに入っている「ジェンダーとメディア・ブログ」で紹介されていた『バックラシュ!』がアマゾンから届いたので読んでいる。

いろいろな書き手が、ジェンだフリーのたたかれ方を分析し、反論し、馬鹿にしているが、こういう本を読むのはジェンダーに興味を持った人ぐらいだろうな。宮台真司が言う「田吾作」たちが手に取っても読まないか、読んでも批判する材料を探すぐらいだろう。でも、たぶん読まないね。

まわりに田吾作が多いときに、どうやって相手にこちらの言葉を届かせたらいいのだろう。相手を言い負かせても、後の復讐が怖いことも知っている。ストレスになるから相手にしないのが一番だが、田吾作に負けない戦略を立てないと、田吾作のいいようにされる。でも、なかなか田吾作のように卑怯な手が使えないから困るね。

しかし、「フェミニストが青少年を堕落させ、家庭を破壊し、国家の転覆を狙っている」なんて誰が信じる話なのだろう。まして共産主義(共産党)なんて、いまどんな力があるのか。でもね。「なんでなんで、いつもこうなるの」とジェンダーに興味がなかった私まで、あまりにもいまだ馬鹿が多いのはなんでなんだろうと、逆に興味を持ってしまったではないか。

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか? Book バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

著者:上野 千鶴子,宮台 真司,斎藤 環,小谷 真理
販売元:双風舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« それは個人の問題なのか | トップページ | 憲法9条はもうかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それは個人の問題なのか | トップページ | 憲法9条はもうかる »