« 教育基本法改正可決 | トップページ | TOEFL »

2006年12月16日 (土)

おかしなマスコミ報道

常々思っていることをきちんと投書に書かれてあったので紹介する。

 教育基本法で多角的報道を  

 5日の参院特別委員会で伊吹文部科学相は教育基本法「改正」案について、自民党の新憲法草案との「整合性をチェックしている」と述べたそうですが、それは憲法順守義務違反ではないでしょうか。

 教育基本法は、日本国憲法の理想を実現するためのものと位置づけられています。まだ上程されていない自民党の「憲法草案」を参照して教育基本法を変えることは、事実上の憲法改正です。こんな重大なことが国民的議論無しに通ってしまってよいでしょうか。

 先日国会前に行きましたが、歩道は教育基本法改悪に反対する数百の人々であふれていました。夜は数千の人々が抗議に集まったそうです。国会の公述人・参考人たちが徹底審議を求めるアピールを出した、とも聞きます。しかしながら、こうしたことは一般メディアでは、あまり報じられていません。教育基本法「改正」案は、一から出直すべき重大案件です。

 メディアは、法案が通過したときだけ報じるのではなく、その前に、反対運動も含めさまざまな角度からこの問題を扱って欲しいと思います。(「朝日新聞」12月15日の投書より)

本当にメディアは政府に何か規制されているのではないかと疑いをかけたくなる。北朝鮮拉致問題の署名運動を映像で流すのに、9条の会や教育基本法反対運動を地道に行なっている活動は無視し続けた。たぶんメディアで流せば一気に全国に飛び火するので、政府にとって無難な拉致問題を流し続けるのだろう。そうして、国民を内なる敵より外の敵に目を向けさせる昔ながらのやり方だ。テレビなんて本当に信用できないと思う今日この頃である。もちろん新聞、朝日新聞だっていつも法案が通りそうになってから「大変だ」と騒ぐ。ジャーナリストの心意気のようなものはもうなくなったのね。歴史は繰り返すなら、国民は立ち上がるとは思いたいけど、状況は相当悪いのかもしれない。

|

« 教育基本法改正可決 | トップページ | TOEFL »

コメント

初めまして、教育基本法に大勢の人達が反対抗議集会をしているのに一切その映像がテレビの電波に乗らないのは、やはり安倍政権の圧力でしょう。もはや真実はテレビや新聞からは読み取れないものとなってしまったようです。美しかった国はこれからどこに向かっていくのでしょうか。

投稿: どらみ情報局 | 2006年12月16日 (土) 08時11分

今日は。 全く同感です。

私も私のblogに投稿しようと思っておりました。
(未だですが)

テレビをはじめマスコミの社会的責任は重大です。

国民の目線で大事なことは、多角的に伝える義務があると思います。

権力の統制を跳ね返し、視聴率のアップだけに汲々としないで視聴者、読者のためになる事をまず考えるべきだと、思っております。

投稿: hamham | 2006年12月16日 (土) 12時20分

どらみさん、hamhamさん、コメントありがとうございます。
昨夜も長々と拉致問題を流すNHKに嫌気がさして消してしまいました。アメリカでも、ベトナム運動の反戦が広がったのはラジオメディアからだったそうで、その教訓をもとにイラク戦のときは報道がコントロールされていたようです。政府は自分の都合のいい報道しか流さず、大衆を操作しやすいです。こんな状態で国民投票なるものができて憲法改正に向かうのはとても恐いことなのですね。

投稿: kurumi | 2006年12月17日 (日) 06時13分

遅まきながら、同感!! いまさらアリバイ的に出しといたぞ、といわんがばかりの声欄掲載も、なんだかなあという気もします。
メディアは政府に規制されているというより、メディアの自主規制なのかなと思っています。他国にはない記者クラブ制度があったり、政治部記者として政治家に張り付くのは入社2,3年の若手ばかりとか、制度的に政府のいいなりになるようなしくみがつくりあげられていますから。
市民がそれに文句を言ったり、ブログで情報をやりとりしたりしてこういったメディア環境を変えるしかないのでしょうね。

投稿: discour | 2006年12月19日 (火) 21時41分

discourさん、コメントありがとうございます。
自主規制はなんで行なわれるのでしょうか。過剰に気を使っているのでしょうか。気を使わなければいけない、無言のプレッシャーがあるのではないかと疑っています。
もの言う市民が増えればいいのですが、気を使ってものを言わない人々が増えないかと心配。「こんなこと言ったら、愛国心ないといわれるかしら」「こんな考えは非国民と言われそう」。インターネット上では好きに発言していても、職場や学校や地域で本当の考えは言いにくい。
インターネットでの情報交換が本当の運動や政策を変える力になるのかどうか。でも国民の声が集まればマスコミも政治も無視できないはずなのだけど、なかなか結集できないなという感じでいます。

投稿: kurumi | 2006年12月20日 (水) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育基本法改正可決 | トップページ | TOEFL »