« おかしなマスコミ報道 | トップページ | 入院中の読書 »

2006年12月20日 (水)

TOEFL

春に入学することになっている大学のパンフレットを眺めていたら、入学時に「TOEFL」のテストを受けて、その結果で英語のクラス分けをすると書いてあった。

「TOEFL」見たことある文字だが、読めない。自分には関係のないことだと思って意識の外にあったものだ。そういえば面接の時、「英語でみなさん(社会人)苦労しますが、英語は大丈夫ですか」と聞かれた。社会人入学なので英語の試験はなかったのだ。私は、「英語好きです」と答えたはずだ。「英語できます」とは言っていない。でも、「好き」と「できる」は違うのね。さっそく「TOEFL」関係の本を買ってきてパラパラめくると、わかる問題は数問で、長い文書となるとさっぱり????、でしかない。

確かに英語は好きで、暇なときに1時間千円で英会話してくれる先生の所に顔を出して英会話をしていた。でも話すことと言ったら、天気や家事や子供の話だけじゃない。難しい話題は避けていた。リスニングなんてできない。息子が朝ラジオで聴く「基礎英語」を家事をしながら聴く程度だ。それだってわからないことあるぞ。辞書をひきながら読むことは何とかできるが、「TOEFL」が要求するスピードがない。リスニングにおいては困ったことだ。3ヶ月勉強してどうにかなるものか。諦めて最低クラスに入るだけだと思うのだが、あまり恥ずかしい結果を出したくないと、やはり少し勉強しておくことにした。

30日完成はじめてのTOEICテスト完全対策 Book 30日完成はじめてのTOEICテスト完全対策

著者:迫村 純男
販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« おかしなマスコミ報道 | トップページ | 入院中の読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おかしなマスコミ報道 | トップページ | 入院中の読書 »