« からだが思い通りに動かないこと | トップページ | bell hooks »

2007年8月 4日 (土)

試験終わる

 昨日金曜日で最後の試験が終わる。論述問題の2科目だったから、書いて書いて書きまくり手が痛くなった。

 5時間目の「社会学」がラスト。試験問題が配られて問題を見てから、隣のK君が「終わったな」とつぶやいた。私もはじめ「何に書けばいいか」迷ったけど、とにかく書いたぞ。彼は時間になると教室を出てしまったけど、「諦めるな、なにか書け」と言いたかった。

しかし論述問題の前に出た穴埋め式の問題はできなかった。細かい数字を覚えていない。それに、世界で最も人口の多いのは中国、さて2位と3位を書けときた。アメリカとブラジルと書いてしまった。家に帰ってから、息子に世界の人口の2位と3位はと聞けば、「インドとアメリカ。ブラジルは5位でしょう。ちなみに4位はアルゼンチン。ブラジルは5位だけど1億8千ぐらいでたいして多くないよ」と教えられた。母の弱点は常識的なことを知らないことだ。

さすがの東北の片隅も猛暑である。経費節減で教室に冷房はかけていない。汗だくで答案用紙に向かう。家に帰ってもへろへろだったので、近くの居酒屋に夕食を食べに行って、とりあえずはお疲れ様だ。

反省は木曜日が1日空いていたので、退屈していた息子達を連れて「ハリーポッター」を観に行き、夜は夫と合流して「さんさ」踊りのパレードを観て、ビールを飲んでいた。なんだか緊張の糸が切れて、試験なんてどうにかなると思ってきた。やはり、教科書や資料の細かいところに目を通しておくべきだったと後悔する。

「医学」以外は落とすことはないだろう。「医学」はぎりぎりなところで、追試を受けなくてはいけないかもしれない。

夏休みは計画的に大事に過ごそう。

|

« からだが思い通りに動かないこと | トップページ | bell hooks »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« からだが思い通りに動かないこと | トップページ | bell hooks »