« 後期高齢者医療制度 | トップページ | 胡桃の実 »

2007年9月21日 (金)

新聞の見出し

 「岩手日報」9月18日版を大学でちらっと見た。目を引いた大きな記事に「女性管理職わずか5人 県知事局」 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20070918_13 というのがあった。新聞では、副タイトルに「結婚や育児で退職」と太字で目立つように掲げられ、その文字がまず目に入ってきた。バスの時間が迫っていたので、パラパラ新聞を見ていたのだ。そういうとき、内容までよく読まないで見出しだけ拾って行く人は多いと思う。新聞を見て見出しタイトルと副見出しの太字を見て、「そうそう、女性が管理職になれないのは結婚や育児で辞めるからだよ」と岩手県民は納得してしまうような書き方、紙面のレイアウトが気になるのだった。「結婚や育児で退職」が管理職登用の妨げになっている本当の要因なのかな。他の県、他の国の女性は結婚も育児もしないのか。いろいろ疑問はでてくるというか、それだけではないに決まっているだろうがとは思うが、まったくマスコミって行政の言葉を伝えるだけのものなのだと、あらためてがっかりする。こうやって、岩手県民の意識を変えることのないように操作されていては、岩手県は女性管理職を増やすつもりはあまりないのかもしれない。

|

« 後期高齢者医療制度 | トップページ | 胡桃の実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後期高齢者医療制度 | トップページ | 胡桃の実 »