« 地球温暖化 | トップページ | 余剰排出枠を購入 »

2007年11月26日 (月)

かもめ食堂

 夏休みの図書館で、片桐はいり著の『わたしのマトカ』を読んで、旅に出たいと身もだえたのだった。内容は、『かもめ食堂』の撮影のため滞在していたフィンランドでの出来事を綴った初エッセイ。それでは『かもめ食堂』もぜひ観ないといけないと思っていたのが、やっと観ることができた。

わたしのマトカ Book わたしのマトカ

著者:片桐 はいり
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かもめ食堂

 フィンランドについて私が知っているのは、「マリメッコ」ぐらいだ。昔むかし大学生の頃、アパートの近くのインテリアのお店でアルバイトをした。店は映画の仕事をしていたけど、辞めて実家に帰ってきている女性がしきっていて、店長は彼女の弟さんだった。私と彼女でディスプレイなど考えて変えるのが楽しかった。そのとき「マリメッコ」を知り、憧れた(学生には買えないお値段だった)。大胆な柄とカラフルな色遣い。クリスマスに店長が「マリメッコ」のバスタオルをお姉さんと私にプレゼントしてくれた。人生の中でもうれしいプレゼントベスト3に入っている。今でもそれを持っている。色はだいぶあせてしまったが、捨てられない。それから結婚した時もお布団のカバーは「マリメッコ」に統一したし、紙ナプキンも好きで集めた。

 映画はたんたんとして良かった。役者のおかげで退屈しないのだ。小林聡美と片桐はいり、もたいまさこ。『やっぱり猫が好き』が好き以来、小林聡美ともたいまさこのファンだ。冬休みは『やっぱり猫が好き』のDVDを借りて息子たちに見せなくちゃ。名作だものね。

|

« 地球温暖化 | トップページ | 余剰排出枠を購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球温暖化 | トップページ | 余剰排出枠を購入 »