« 締め切り | トップページ | 茨木のり子 »

2007年11月21日 (水)

成長

 初雪に続いて初積雪。朝の気温もマイナスになった。一昨日、夫は慌てて山の家へ向かった。まだ水止めをしていなかったのだ。まだまだと思っていると、いきなり冬がやってくる。

 そうして私も慌てて子供たちの冬物を取り出す。次郎の冬靴は履けなくなっている。サッカーも屋内になるから新しいフットサルシューズを買わないいけない。ベンチコートもフリースの上着も小さいくなっている。大きくなったんだね。兄の太郎の冬用のジャージもつんつるてんで寒そうだ。全部次郎にお下がり。制服の上に着る冬のダッフルコートは、彼のピアノの先生の息子さんが来ていたのをもらっていたので、それを出す。でも、新しいトレーニングウェアと温かい下着を買わないといけない。小学生の頃は薄着だったのに、中学生になったとたん、「学校が寒いから長袖の下着が欲しい」と親父のようなことを言う。とにかく、今度の連休は子供たちのものを買い出しにいかないといけない。

 先週から今週までとにかく忙しかった。大学以外にもPTAのこと町内のこと、親のことなどの問題が降りかかってくる。ひとつひとつ片づけて、会議に辛抱強く出て、話を聞く。

 でも、疲れていたのかな。月曜日は好きな講義をすっぽかしてしまう。頭の中で時間割が金曜日のままだったのだ。だからなぜか3時限目はないと思い込んだ。昼を食べてから図書館に座ってみたが、「歩かなくちゃ」と思った。歩いて頭をまとめないとどうにかなりそうな感じだった。ロッカーに荷物を放り込んで、大学を出て森林公園のまわりの道を歩く。歩いているうちに思い出した。「今日は月曜日で『ジェンダーと文化』の講義が今あるのではないか」。でも、もう遅い。それに、なんだか遠くまで来てしまった。4時限目に間に合うために森林公園を抜けて大学へ走る。近道をするために遊歩道ではない草地を走ったため、靴は雪でぐしょぐしょになった。息を切らして教室に入ったので、前の席の子に「体育の授業だったんですか」と聞かれた。そう、ひとり体育していたの。でも、汗をかいたらなんだかすっきりした。

 心強くしないとだめだな。ストレスでやられそうな予感がしてきた。きれそうな、どうでもよくなるような気分だ。心強くする方法は、睡眠、運動、小さなお守り(今気に行っているもの)、どうにかなるさという楽観的思考、いろいろだけど乗り切っていけるだろう。

 統計の初歩の初歩の講義を受けて、まず確率でひっかかる。考えても先生の問題がわからない。お願いして研究室で教えてもらう。先生はホワイトボードとコインを使って熱心に教えてくれる。でも、わかったようなわからないような、自信のなさがあった。しかし、先生の時間をあまり取るのも悪いので切りがいいところで失礼する。それから図書室で先生とやらなかった問題を考える。考えて、考えて、こういうことなのかと答えが見つかったときはうれしかった。あっているかどうかわからないけどね。昔むかし、今はITの仕事をする弟が「数学は考えるのが楽しんだよ」と言ったのが、今頃わかってきた。

 わかることはうれしい。この楽しい気持は心強い。楽しいことを今は大事にして、いつか自分も成長するのだろうかと信じよう。

|

« 締め切り | トップページ | 茨木のり子 »

コメント

高校一年の数学の授業の第一回目、先生が図形の問題で補助線を何本か引いたら、パッと答えが浮かび上がった!
「数学は気が付くか付かないかで、答えが出るか出ないかが決まります」
自己紹介を兼ねた数学のススメのヒトコト。
 
 めめさんのお一人で考え抜いて答えが出たウレシサ、輝かしいです。

投稿: 下館のおばさん | 2007年11月24日 (土) 21時26分

更新もできないのにコメントありがとうございます。
 面白そうな先生ですね。私ももっと数学の時間に身を入れていたら先生の言葉も伝わっていたのかもしれません。
 毎日何をしているのやらと思いますが、今頃いろいろなことがわかって楽しいのです。

投稿: meme | 2007年11月25日 (日) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 締め切り | トップページ | 茨木のり子 »