« satisfaction | トップページ | 愚痴 »

2007年12月28日 (金)

介護

 「介護」がいよいよ家庭生活に入ってきました。

 大学の冬休み前に、夫が実家に電話しました。「かみさんも冬休みになるから、大掃除にでも行ってあげる」と。

 そうして冬休みになった22日の朝、義母から「動けない」との電話。夫は締め切り前で行けない。私もヘルパーのバイトが入っていましたが、代わりを見つけて夫の実家のある沿岸の町に電車で行きました。

 結論として、義母はたいしたことありませんでした。大騒ぎしたけれど、検査結果は何も出ず、元気です。一番の訴えは、「おじいちゃんを盛岡に連れて行ってくれ」「もうご飯作るの嫌だ」「ゆっくりしたい」というので、その夜の電車で、義父を盛岡に連れて帰りました。

 それから25日に、家族みんなで義父を連れて実家に行き、ケア・マネージャーさんと契約をし、デイ・サービスに行くようにしてもらい、義母の認定も申請し、週に1回ヘルパーさんに来てもらうよう手配をお願いしました。

 夏休みに義父の認定は取っていたのですが、夫の妹さんや義母が「おじいちゃんはプライドの高い人だから、そんなところに行かない」と言われました。それならいいと、ほっといていたら、義父の認知症がすごく進んでいることがわかりました。そのため、義母のストレスもたまっています。義母もプライド高い人だから、「ヘルパーなんていらない」と妹さんに言われていましたが、膝が痛くて外を歩くのは大変そうです。重い物の買い物や布団の干すのやお風呂掃除を手伝ってもらいたいと義母も弱音を吐いてヘルパーさんを頼むことにしました。そして義父が、デイサービスに行っている間は一人で休めます。

 私が夫の実家に行けない間、夫や妹さんが顔を出していたはずなのに、なぜ「まだ大丈夫だ」と思っていたのか。自分の親の老いは認めたくないのでしょうか。他人の私のほうが弱味を訴えられるのかしら。夫は、私が冬休みに入るのを狙って義母が電話してきたと言います。義母は「R子(東京にいる夫の妹)が、なんでもめめさんにやってもらいなさい」と言っていた、と言います。おいおいですよね。妹さんは、専業主婦で子供は社会人で社長夫人でお金持ちです。私はヘルパーのバイトを休んで実家に行っています。その他、やることもいっぱいあります。でも、なぜか自営業の我が家は暇だと思われてしまいます。大学へ行っていることも言ったけど、理解はしていません。何かパートに行っているのかと思っているようです。一老人への援助だと思えば、一生懸命になれるけれど、嫁は介護して当たり前という態度を取られると、引いてしまいますね。

 義母は夫たちの継母で、親子の間ではっきりものを言えない雰囲気があります。義母が家を取りしきって怒鳴りまくって、子供たちは波風を立てないように過ごしてきたようです。盛岡に来ないかというのももちろん駄目です。自分の家にいたいというのが希望です。義母は義父が死んだら、九州の実家か神戸の妹のところに帰るそうです。もし、岩手で死んでも骨は一片たりとも岩手に残さずに九州のお墓に入れて欲しいとのことです。「それなら、おやじの面倒はみるから、早く九州に帰れ。お金を全部持って行っていいから」と優しい夫が言いましたが、世間体があるから今は帰れないそうです? たぶん、帰るところなどないのです。言ってみたいだけではないかと思います。淋しい人なのです。ただ、一筋縄ではいかない夫の実家なので、これからどうなることやらです。

|

« satisfaction | トップページ | 愚痴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« satisfaction | トップページ | 愚痴 »