« 学ぶこと | トップページ | 裁縫と、料理と »

2008年1月12日 (土)

介護職の賃金引き上げ?

 民主党が、介護職の賃金引き上げのための法案を衆院に出したそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080110-00000000-cbn-soci

 通るかどうかはわからない。通ったら本当に賃金が上がるのかどうかもわからない。

 昼食後、新聞に入っていた折込広告の派遣の募集記事を見ていた。正看護師とケア・マネージャーが時給1500円、介護福祉士は時給1050円などが書いてある。これは東北相場なのか。看護士安くないかと思う。看護士も派遣が増えているのだろうか。

 賃金が上がるのうれしいことかもしれないが、あまり喜ぶ気持ちになれない。なぜだろう。記事でも「これは緊急措置で、介護保険の抜本的見直しはしていかなくてはいけない」と言っている。少しの賃金引き上げは、いつもの政治的対処療法でしかないように思う。介護保険の見直しだけでなく、この国が福祉国家としてやっていく気があるのかどうか、問い直さないといけないのではないだろうか。人手不足だから賃金を上げようということらしいが、何も保障もなく1,2万給料が上がっても良い人材が殺到するようにも思えない。なんだか、こんなことでごまかさないで欲しいという感じがするのだ。

|

« 学ぶこと | トップページ | 裁縫と、料理と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学ぶこと | トップページ | 裁縫と、料理と »