« 裁縫と、料理と | トップページ | 死に方本 »

2008年1月13日 (日)

真冬日

 とうとう冬本番です。日中もマイナス気温。寝る前に水止めをしなくてはいけないどころか、洗面所は外に配管がむき出しになっているので、昼間も水止めをしています。

 朝食の後で、大根でも煮ようと廊下に置いてあった山の家の近所の人から頂いた大根を取りに行ったら、全部凍っていました。一応家の中です。入るだけ冷蔵庫に入れておけば良かったと後悔です。北国での冷蔵庫の役割は、マンガ『とりぱん』2巻の第37羽に書いてあります。といっても、最近の家は断熱もしっかりしていますから、家の中でマイナスになることもなく、水止めをする必要はないようです。次男が新築した友達の家にお泊まりへ行って、「家が暖かいんだよ。靴下はかなくてもいいんだ」と言っていました。床暖房とのことです。私は今3枚靴下はいています。すごく厚着しています。このまま友達の家へお茶飲みにいくと、1枚ずつ脱がなくてはいけなくなります。この間は失礼して、ズボン下をトイレで脱ぎました。よその家は暖かい。我が家は寒い。でも、「1か月の辛抱」を合言葉に乗り越えるのです。

|

« 裁縫と、料理と | トップページ | 死に方本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 裁縫と、料理と | トップページ | 死に方本 »