« 炊飯器でパン | トップページ | いきなり春 »

2008年4月15日 (火)

PTA役員

 昨日の夜、中学2年の保護者会があった。今年度の役員決めが大きな課題。もう何かやってしまおうかと思っていた。6年生の時に世話人をやって大変だったので、中3年生の世話人はやりたくない。でも、くじ引きやじゃけんに滅法弱いのだ。

 環境部か広報部かと狙ったが、会が始まるとすぐにお母さんたちが手をあげて世話人以外の役が決まってしまった。その早さに隣のHちゃんのお母さんと驚く。それから話があって、けっきょく世話人を引き受けた。世話人の大きな仕事は、地区の祭りで屋台を出すこと。そこで思い出した。お祭りのとき、研修があったんだ。ということでお断りしたら、「いなくてもいい。指示を出せばいいのだから」と説得される。まあ、夜の屋台は手伝えるし、私には夫という大きな助っ人がいる。家に帰ってきて、「世話人になったけれど、お祭りに動けないかもしれないから、代わりに動いてね」とお願いする。夫はけっこうお祭り好きだし、6年生の学年行事もよく働いてくれたので、お母さんたちに顔を知られている。夫はこころよく「何でもやるよ」と言ってくれる。

 友達が「世話人大丈夫」と心配してくれる。「6年生のとき大変だったトラウマがあるのよ。3年で嫌々やると、しぶしぶ役員になった人の集まりで、またいろいろあるかもしれないから、2年でやって終わりにしてしまいたい」と答える。

 それにしても役員なんてやらないですむ人もいるわけだし、逃げきれるかもしれないのに引きうけてしまう。そうして、自分から役員をやる人にはお馴染みの顔ぶれが多い。各クラスの世話人の名前を聞いて、「これなら私が動くこともない」というベテランお母さんたちでほっとする。夜、知り合いに用があって電話したら、「私なんか副会長よ」と言っていた。御苦労さまである。ただ、役員をやると学校の中の様子が見えて、友達もでき、なかなか勉強になるという利点もあるのだ。

|

« 炊飯器でパン | トップページ | いきなり春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 炊飯器でパン | トップページ | いきなり春 »