2008年7月 5日 (土)

学費が高い

 学費って高いです。まだうちは中学生ですが、高校生になったらいくらかかるのか、大学に行かせられるのだろうかと考えてしまいます。親が大学なんか行っている場合ではないのかもしれないです。でも、基本的に前の大学の時も自分で稼いで、奨学金をもらってやりくりしましたし、今も夫の協力はあるけれど、どうにか自分でやりくりしているので、息子たちにも自分で何とかしなさいと思っていますが、昔と違って国公立の大学の授業料も上がって、苦学生というのも大変なのかもしれません。夫など、「俺の頃は、国立の授業料が月千円だった」と言うけれど、いつの時代の話なのやらという感じです。

 子どもに奨学金をもらいなさいと言いますが、奨学金って返さないといけないのです。私もずっと返していました。たしか30歳で結婚する前に、まとめて返して終わらせたような記憶があります。借金を抱えて結婚するのが嫌だったからです。でも、仕事に上手くつけなかったりしたら奨学金の返済が重いという人たちも多いのではと思っています。

 ところが、欧米では奨学金というのは返さなくてもいい「給付」というものが多いのだと知りました。参考までに、『現代思想』2007年4月号に載っていた白石嘉治「日本学生支援機構のレジリアンス」の一部を引用します。

欧米の諸国では、奨学金は返還をともなわない給付が中心である。日本の奨学金制度が実質的に貸与だけに限定されていることは、きわめて例外的な事態なのである。たとえば、教育政策研究所は先進16か国のなかで日本だけが奨学金の「給付(grant)」が2005年時点で「0」であり、100パーセントが「貸与(loan)」となっていることを指摘している。(本文に資料あり)

 例外的なのは奨学金制度だけではない。ヨーロッパでは学費は無償か比較的低額であり、米国でさえ約8割の学生は日本の国公立より安い公立大学に通う。こうした国際的な現実がある一方で、2006年3月には、財政制度審議会は2015年までには国公立の授業料が200万をこえる見通しを発表した。しかも文部科学省は、「高等教育の漸次的無償化」を定めた国際人権規約の条項(A規約13条2項c号)への批准の保留を継続しようとしている。

 資料の表を見ると、アメリカの奨学金「給付」額はかなり多いです。たぶん企業の寄付があるのだろうと思います。その中で、日本だけ「0」の数字が並ぶのが異様です。また、授業料も高すぎます。日本は、国連の条約に批准などするつもりもないのでしょう。

 ところで、疑問がでてきます。日本はよく「社会保障費が財政を圧迫している」と言っています。毎年2200億円の社会保障費の削減をかかげています。そうはいっても、OECD加盟国の中でもGNPに占める社会保障費は低レベルということです。教育費も他の先進国に比べたら少ないです。なぜ、他の先進国は日本と同じぐらいの経済力か下であるのに、大学までの教育費を無料にできるのか、美術館や音楽会を低額でできるのか。教育や文化への考え方が違うからでしょうか。なぜ、収益をあげている企業もあるのに、「給付」の奨学金は「0」なのか。わからないことは多いです。

 日本は財政難というけれど、それが社会保障費のせいなのか、教育費のせいなのか、本当のところは何にお金を使っているのだろうか。疑問はふくらむばかりです。「財政難」と言われ、国民はがまんしなくてはいけない。高い授業料は払えない子は大学に行かなくていい、親は子供の授業料を稼ぐため、趣味も嗜好品も減らしてきつきつに生活する。もしかしたら、国連がからむような人権問題にかかわってくる問題なのかもしれないと思うこの頃です。

 毎日のように日本は「財政難」とニュースで報じられます。それって国民のせいですか。(まるで、洗脳されているようです。だから、国民は我慢しなくてはいけないと)。国民が選んだ政治家がやっているから国民のせいかもしれないけれど、食糧自給率は情けないほど低いし教育環境も悪い、そして「財政難」で痛みを分かち合う。政策の失敗を検証などして反省するしくみはあるのでしょうか。わからないことばかりです。わかることは、国連の条約に従うことなく、日本の教育費は上がるだろうなということだけです。そうして、国民のせいでもあるのかもしれません。「おかしいのではないか」と声をあげずに、言いなりになる私たちがいます。さて、どうしたらいいのでしょう。

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

人身売買報告書

 米国務省の人身売買報告書が発表され、日本は努力はしているがまだまだというランクだとのことです。

 ●NHKニュース

 http://www.nhk.or.jp/news/t10015049791000.html#

 ●毎日jp

 http://mainichi.jp/select/world/news/20080605k0000e030036000c.html

| | コメント (0)

2008年5月14日 (水)

介護保険「軽度」見直し

 介護保険をまた見直ししたいらしい。「軽度」見直しもあるけれど、本当は利用料の1割負担を2割負担にしたいという話はずいぶん前から聞いていた。

 http://www.asahi.com/politics/update/0513/TKY200805130370.html

 http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080513/fnc0805132026015-n1.htm

 制度を設計するときに財源が厳しくなることはわからなかったのだろうか。障害者自立支援法や後期高齢者医療制度でも、ほころびがすぐに見え、修正修正だ。日本のトップにいる人たちの頭脳がどうなっているのだろう。

 ラウンジでお昼を食べていたら、若い学生さん達が話していた。

「介護保険ってよくわかんないよね」「私たちが年取ったときにはないんじゃない」「それよか、うちらの親も使えないかも」「でも、保険料って40歳すぎの人が払っているんでしょう」「それは返してくれるよね」「でも、年金だってわからないじゃない」「年金払うくらいなら、貯金して投資したほうがいいかも」「よくわからないよね」

 若い人たちにも政府のやることに信用がない。しかし実際、保険料払っているのに、高齢者や障害者になったとき、「まだまだ介護度低いから」「家族と住んでいるから」と介護保険が使えないまま、取られ損ならないか心配にもなる。

 高齢者の「自立」や「予防」も廃れてしまったのかしら。無駄な事業にお金使ってパンフレットばらまいて、肝心の中身はおそまつくんで、失敗したのなら責任をとって欲しい。ちゃんと今までやってきたことを検証し、無駄金を計算して欲しい。誰も責任を取らないで、つけは国民に、それも手所得者層にやってくる。

 高齢者が金食い虫のように言うが、本当に無駄使いしているのは誰なんだろうか。

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

チベットについて

 聖火がもうすぐ長野に来るらしいですが、聖火妨害に関する感想はあまりないです。こんなリレーは、お金の無駄だと思うだけです。

 私もチベットに憧れを持ちます。去年、中国のウイグル自治区から日本に勉強に来ている青年と話す機会があったので、チベットのことを聞いてみました。そのとき、青年の顔色が変わったことに気がつきました。そうして、「チベットよりウイグルのほうがひどい。資源があるから」と言いました。私の英語力がないので、それ以上話は深まりませんでしたが、少し不愉快そうだと感じました。ウイグル自治区の青年の顔はロシア系かどうかわかりませんが、私が思い描くアジア人の顔ではなく、ヨーロッパのほうに近いように感じます。「中国人です」と言われてもピンときませんでした。そんな彼が「中国人です」という背景には、私が簡単に知りえない深い苦しみがあるのが感じられてきました。

 中国がやり方には問題はあると思いますが、でも、少数民族に対して日本やアメリカ、フランスが何をやってきたでしょうか。メディアの発達していない時代でしたから、公表されているよりもひどい扱いは多かったと想像できます。でも、他の国もやってきたのだから、中国のことに口出ししない方がいい、というのではありません。

 自国のことは反省したうえで、少数民族とどう付き合っていくか、一緒に考えていく姿勢を見せることも大事かと思うのです。国は国のプライドがあります。特に、中国は国の面子にこだわるように思います。正しいことでも真正面から非難したら、中国がかたくなになるだけです。

 中国の面子を立てながら、うまく少数民族への政策に口を出せるような大人の外交手腕を日本には発揮して欲しいです。弱腰と言われても、相手に聴く耳を持たせることができる人物はいないでしょうか。

 私は、せっかく中国も国をあげてオリンピックを成功させようとしているのだから、それはそれ、政治とは切り離して応援し、「でも、人権問題は言い続けるからね。少しづつでも耳を傾けてね」と交渉することが大事だと思っています。聖火リレーの妨害は、マスコミのかっこうのネタになるし、中国を刺激するばかりで、チベット人の特になるのだろうかと、考えています。

 それから、チベットやウイグル、他の小民族の土地へ漢民族が入り込んで稼いでいます。それを一気に駆逐はできないでしょう。せめて、いろいろ規制や制度を作って、文化を守り、安心して安全に暮らせるように、世界から働きかけないと、少数民族の立場はますますつらいものになりはしないか心配です。

| | コメント (2)

2008年4月22日 (火)

気になるのは表に出ないこと

  「河野美代子いろいろダイアリー」に次のように書いてありました。

私、これまで後期高齢者医療の話を書いて、たくさんのコメントを頂きました。でも、私は、常に警告しているのですが、支払いが高齢者の方たちに負担をかけているという、それは、ほんの小さいことなのです。年金から天引きされる、だの、まだ保険証が届かないなどということに目を奪われていると、これは政治家の思うつぼなのです。

 それよりも、一体、国が何を目指しているのか、ということをちゃんと見極めなければ。厚労大臣が「いいことがいっぱいある。いい制度です。」というのを聞いて、何がいいのか、さっぱりわかりません

 年金制度でも、事務処理の杜撰さを責めるだけではだめです。これからのことを国民は本当に考えて政治家を選ばないといけないです。後期高齢者医療制度にしても、保険料は上がったとかも問題ですが、その後ろにある国の思想と国策としての医療を考えないと、騒いでいるうちに終わってしまいそうです。何にしても表面的なことを騒いでおしまいで、最近マスコミも政治家もうまくやっているような気がします。

 最近、戦前から戦後の医療政策の本や資料を読んだりしたら、いつも国はお荷物は捨てたがっています。今は国の語り口は気持ち悪いぐらいソフトですが、その裏にある思想は何も変わっていないのかもしれないと怖いこの頃です。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

長寿医療制度に重度障害者

 厚生省のサイトを開けば、「長寿医療制度」に変わっていました。身代わり早いです。

 でも、その「長寿医療制度」には、65歳以上の障害者も任意加入できるとか、重度障害者は強制加入されるとか言われていますが、医療費削減のほかにどんな意味があるのかわかりません。

 高齢者でも障害者でも「今までと同じ医療が受けらられます」と宣伝していますが、同じ医療を選択するには余計なお金がかかるとか、何か裏があるのだと素人も考えてしまいます。なぜなら、「何も変わらない」なら、分ける必要はないじゃないと思うからです。何か魂胆が隠れているのを国民に悟られないような飾られたむなしい文書が並ぶばかりです。

 それにしても、なぜ障害者を後期高齢者と同じ枠の中に組み込もうとするのか。「後期高齢者医療制度」と名づけた感性が、障害者も傷つけるような気がします。60代なんて今は若いですよ。障害者だって同じです。なぜ同世代の健常者と区別されるのでしょうか。ひどく失礼で差別的だと思うのです。なんだか厚生省の感覚がおかしいのでははいでしょうか。国連の「障害者権利条約」も20カ国目のエクアドルが批准して、5月3日には発行される新聞にありました(日本は、署名はしていますが、批准はしていません。)。日本は批准をするつもりがあるのでしょうか。

 それにしても「長寿」というネーミングもわざとらしくて、なんだかなと思いました。

● 「後期医療制度」 障害者は65歳以上から強制加入

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2008041702004234.html

● 重度障害者、強制加入

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20080417-OYT8T00319.htm

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

後期高齢者制度の目的は・・・。

 先週、ヘルパー訪門のとき、利用者さんが「後期高齢者って嫌な名前だね」、だんだん年寄りが生きづらい世の中になるかもしれないと話します。

 それにね、この制度は「女に長生きするな」と言っているんだよ、と解説してくれました。

 つまり、日本の平均寿命は男が79歳、女が85歳ぐらいです。男性は75歳前に死ぬ可能性も多いですが、女性は75歳を軽く超えて生きてしまいます。75歳以上には女性が多いのは確かだから、国は女性にあまりお金をかけたくないというのが本音だと利用者さんの言葉でした。

 そうか、そう言われればそうだわ。高齢者は1日テレビを見ながらでもいろいろ考えています。もう誰かが言っていることなのかもしれませんが、私は気がつかなかったです。

 ついでにこんなことも言っていました。「女を大事にするつもりがない国のために子供なんて産まないと反抗すればいいんだ」。女性のストライキですね。いったい誰のために子供を産むのだろうかと、考えさせられました。

 帰って調べたら、アメリカや韓国の男性の平均寿命は75歳ぐらいでした。日本の男性の平均寿命も75歳ぐらいに落ちて落ち着くのかもしれません。75歳という数字がどうして選ばれたのか、勘繰りたくもなってきました。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

後期高齢者医療制度と終末期

 昨日、車の中で国会中継を少し聞いた。

 「後期高齢者医療制度」。その正体をよく知らないまま、スタートしたのだが、本当に保険証が代わっただけで、医療は手厚く受けられるのだろうか。負担はどれだけ多くなるだろうか。折込広告とともにチラシが入っていたりするのだが、私はよくわからなかった。でも、国会中継を聞いていて不安になってきた。

 舛添厚生大臣が、「9割の人が延命治療を拒否している(何の9割かはわからない)、在宅で終末期を希望する人が多い」ようなことを語っていた。終末医療をどうするか。「在宅で死ぬ」ことが、まるでいいことのように言われるが、本当にそうなのだろうか。確かに、在宅で親しい人に囲まれて最期を迎える在宅ホスピスの本など読むとそれはいいことなのだけど、そのための支援体制がどこでも手厚く備わっているわけでもないのに、自宅に帰されたりしないだろうか。地域で支えるしくみがなければ、負担は家族が背負うことになる。まして、家族がいない人、家族がいても面倒をみられない人はどうすればいいのか。そういう人は、病院や施設でみますが、家族のいる人は家族でみてくださいと言っているようにも聞こえる。でも、家族が同居の場合のヘルパー派遣も難しくなるようなことも聞いた。なら、家族の介護力に期待がかかっているのか。

 「在宅で終末期を迎えるという希望にかなった医療」、言葉はきれいだが本当の目的は、高齢者のことを考えたのではなく医療費を減らしたいためだということを忘れないでおこう。確かに無駄な医療費は多いかもしれないが、医者の薬の出し方や他にも問題があるのではないだろうか。なんとも「後期高齢者医療制度」は乱暴なやり方にならないか心配だ。

・・・・・ということを今朝書いた。それから、大学の図書館で『福祉労働 NO.118』を読んでいたら、『「終末期」医療の動向」という清水昭美という方の記事があった。まず、最初に「リビング・ウィル作成に診療報酬がつく」という新聞記事が引用されていた。

 http://www.mainichi.co.jp/universalon/news/prt/0210m094-400.html

 たしかに「終末期」をどう定義するのだろうか。ガンで「余命何か月」宣告された人が何年も生きるという例もある。高齢者は死にそうでもしぶとかったり、元気でも急に亡くなったり、予想はもっと難しい。「在宅医療の充実のため」ということも言われているらしいが、在宅医療の美名のもとで何が行われようとしているのか不安というか、信用できない。

 年取って、何もリビング・ウィルなんかを書かされて死まで管理されるのかしら。この制度に障害者も加えたいなどという話も聞くと、やはり何かおかしな気分になる。

 

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

人身売買問題

 人身売買問題について高校生が書いたいい論文があったので紹介します。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/ac/kyomu/koudai/kikaku/kensho04/kensho_j/2002/ronbun07.html

 

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

余剰排出枠を購入

 <メモ>

 昨日の新聞に「政府、余剰排出枠を購入」という記事があった。http://www.asahi.com/politics/update/1125/TKY200711250158.html

 「金で解決する」ということのようにしか思えないのですが。支払うお金は税金ですよね。謎が深まるばかり。

| | コメント (0)